車買取の営業マンから他社の金額を聞かれた時の対応例

車買取の営業マンから他社の金額を聞かれた時の対応例

車の買取業者に査定を頼むと、たいていその業者の営業マンと接する事になります。その営業マンが発するフレーズには、いくつかパターンがあるようですね。

 

例えば「今日売って下されば高く買います」という表現は、よく耳にするようです。また「何円程度での売却を希望ですか」なども、定形フレーズの1つですね。もっともそのようなフレーズを発しても、営業マンの方から金額を提示してくれるケースは非常に少ないのですが。

 

ところで定形フレーズの1つに、「他社からは何円程度と言われましたか」というものがあります。特に、車の査定が終わった後にそのフレーズが発せられる事が多いようです。

 

車の査定が終了すると、顧客としては他社と比較をしたくなるものです。他の業者との金額比較をするので、一旦保留にするというパターンもよく有りますね。
ところが保留にした後、業者から電話がかかってくる事があります。そして上記のように他社の金額を聞かれる事があるようですね。

 

例えばA社で査定を依頼して、A社からは50万円と伝えられたとします。B社やC社と比較をするためにA社には「保留にします」と伝えたとしましょう。そして後日A社から連絡がある訳ですが、その際にはB社やC社から新たに60万円などと提示されている事が多いでしょう。その査定額は、A社に対して正直に60万円を伝えてしまって良いと思います。もしかするとその金額を元に、A社が査定額65万円に上げてくれるかもしれません。

 

もしも65万円に満足できるようであれば、売ってしまって良いでしょう。しかし65万円ではまだ不服な場合は、「再度保留」というやり方で良いと思います。営業マンは契約を急かすかもしれませんが、そこは自分のペースで判断するのが良いでしょう。

 

このように車買取業者の定型フレーズに対しては、適切な対応方法があります。それをしっかり理解してから査定に臨んだ方が、手続きもスムーズになるでしょう。