自動車の美学〜幅広い知識を〜

下取り価格と車体色

車を購入する際に悩むことの一つに、ボディカラーの選択があります。
このボディカラーですが、人気色と不人気色とでは、売却する際に大きく値段が変わってきます。

 

例えば、トヨタ・クラウンでは定番色の白やシルバー以外のボディカラー(ワインレッドなど)になると、
下取りの際、条件によっては20万円近く人気色に比べ、安くなってしまうケースがあります。
クラウンの買取はこちら
クラウン 買取

 

特に日本車の場合、派手な色や個性的な色を敬遠する傾向が強いため、
普段路上で見かけないようなボディカラーにしてしまうと、下取りの際に思わぬ痛手を受けることになします。
その反面、輸入車になるとメーカーによって、派手な色の方が、下取り価格が高くなるケースがあります。

 

その代表例がアルファロメオとフェラーリです。両メーカー、定番色は「赤」であるため、
それ以外の色になると下取りがぐんと下がるケースがあります。

 

ちなみに輸入車の場合、特殊なボディカラーになると半年〜1年近く納期に時間を要することもあります。
しかも、そうした特殊カラーの場合、大体下取り価格は人気色よりも安価になります。
自分好みのボディカラーを選ぶか、それとも下取りを第一に無難なボディカラーにするか、
ここまで時間が掛かると大いに迷うところです。